Skip to content

ラクトフェリンが気になって

森永がサプリメントを出してるってついこの前知りました。森永といえば乳製品というイメージが強いんですが、出してるサプリメントも乳酸菌とラクトフェリンがメインみたいですね。

ラクトフェリンといえば母乳に多く含まれる成分で知られてるものですが、その効能たるや、花粉やノロウィルスにも効果を発揮するらしいです。

いったい全体どういう原理で、効果が出るんだと思いますが、このラクトフェリンってやつはたんぱく質なんですが、腸の壁にぺたーっと貼り付いて、ウィルスが入り込むのを阻止してくれるんですって。ついでにウィルスにもへばりついて、包み込んでくれるという素晴らしさです。

母乳育児の赤ちゃんが生後しばらく病気になりにくいっていうのは、このラクトフェリンが産後しばらくの間の母乳に多く含まれるからだそうです。ちなみに昔は少量しか含まれていないラクトフェリンを牛乳なんかから取り出すのが、至難の技だったようですが、今はがっつり技術も進んで粉ミルクにも含まれているとのことです。

で、その技術をモノにしてるのが森永だということで、森永からも乳児用粉ミルクが出てますよね。せっかくなのでラクトフェリンの効果を粉ミルクだけじゃなく、他の食品にも入れて発売しちゃおうということで、サプリメントとかを作ったわけですね。ちなみにラクトフェリンですがウィルスを抑える効果だけでなく、ガン予防にも効果を発揮するそうで注目の成分らしいですよ。

こう聞くとなんだかものすごく貴重な成分のように思えますが、普通に人間の涙とか唾液とか鼻水とか胆汁とか羊水なんかにも含まれているらしく、人間にとっては身近な成分なんですね。ウシ由来のラクトフェリンはヨーグルトの上澄み液のホエイにもたくさん含まれてるみたいです。

青汁など色んな健康食品とか体に良いといわれる成分って、口から入るまではその性質が保証されてるとはいえ、胃で消化されるときに変質するんじゃない??ってのが一番の疑問だったりしますが、このラクトフェリンは胃で分解されることで更に強力なラクトフェリシンっていう成分に変わるらしく、その抗菌活性が数百倍になるそうです。

といっても、生まれたての赤ちゃんで母乳育児でも一緒にいる人から風邪をもらってうつってしまうことはあるので、万能薬と言うわけではありませんが、効果に期待しつつ、楽しみながら毎日続けてとることを意識したい成分のひとつですね。特にラクトフェリンをとることだけに限らず、腸内環境を整えることで抵抗力が高まるっていうのは、周知の事実でもあります。最近流行りの「腸活」にも繋がるので注目したいですね。